メンズ

チャップアップの口コミを見れば安心して使用できる

有効な発毛治療とは

メンズ

AGAの原因と治療方法

男性で20代前半から脱毛が始まり薄毛になる症状はAGAの可能性があります。AGAは進行型の脱毛症で早い人では10代の後半から症状が始まる男性もいます。抜け毛の量が増え発毛は止まってしまうので20代や30代でも薄毛の状態になっていまいます。AGAを発症する原因は男性ホルモンと酵素が深く関係しています。男性の体内にはテストステロンと呼ばれるホルモンが存在しています。このテストステロンが頭皮から出ている酵素と反応して脱毛を促すホルモンに変化します。この脱毛ホルモンの影響を受けやすい受容体をたくさん持っている男性はAGAを発症しやすいのです。脱毛ホルモンの影響を受けやすいのは頭の前頭部と頭頂部です。後頭部や側頭部は脱毛ホルモンの影響を受けにくいので脱毛しません。AGAを発症すると前頭部がアルファベットのMのような形に脱毛します。これはM字ハゲとも呼ばれておりAGAの特徴的な脱毛タイプです。M字ハゲは額の左右のそりこみ部分が後退した状態で後頭部や側頭部の毛は残ったままです。M字ハゲの状態から発毛させるにはAGA専門病院での治療が有効です。M字ハゲの脱毛を止める内服薬や頭皮の血流を良くする塗り薬を用いて育毛を促します。M字ハゲの部位に育毛に必要な栄養成分を注入する育毛メソセラピーを行うこともあります。さらに高い発毛効果があるのは自毛による植毛です。自毛植毛は脱毛ホルモンの影響を受けない後頭部や側頭部の毛をM字ハゲの部位に移植して発毛させる治療です。後頭部の毛は受容体が少ないので脱毛ホルモンの影響を受けずに成長していきます。移植された毛は一度抜け落ちてしまいますが、そのあとは自然に発毛してきます。前頭部なので見た目が自然に見えるように行われます。